信頼性保証

指針というか

SOPにしてしまうと、絶対遵守しなければならず逸脱した場合はGxP違反になるという性質を持ってしまう。そのため書いてあることはMinimumとなるべきだ。日本人の場合はすばらしいSOPを作って遵守できないという状況ができやすい。これはやめたい。

強制力はないが、原則こうやる、他のケースもあり得てケースバイケースだ、というタイプの内容もある。こういうものは、よりあいまいな書き方をしたりもしているわけだ。欧米ではこういうものもSOPとしてまとめられていることがある。結局は業務標準化を企図しているからだ。そのため、ある意味教科書チックなSOPというのもよくみかける。

ただ、まぁこれは日本のSOPの考え方とはあわないなと思うと、その下部文書として作成したほうがいいような気がする。何と言ったらいいだろう。マニュアル?指針?

一種のTechnical Instructionともいえるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

品質とコスト

品質を向上させようとすればするほど、コストがかかる。特に大きいのは、時間がかかるという点だろう。品質向上のための活動には、目に見えるお金がでていくというよりは、QC担当の工数が必要とされることが多い。むしろ目に見えて時間がかかるようになる。

これをどれだけかけてよいかという点については、状況によって異なる。当然のことながら、規制当局に承認申請するとき、ミスはできるだけミニマムに、できればゼロにしたい。意思決定に関わらないようなものについては、よりゆるやかな基準にもなろう。

一方で、迅速性を必要とするときもある。一週間である種の解析結果がほしいというリクエストがかかる場合もある。この場合、いかにクリティカルな部分のミスを防ぐかというところが大切だ。

いかに正当な手続きにのっとって業務が行われたかが重要なときと、そういうところは無視で数値の正確性が重要なときがある。このあたりのバランスが大切なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読み合わせ

NONMEMの解析において必要とされる品質を考えると、まずはデータセットが正確であることだ。正確というのは、ただの一つも間違いがないということ。

ところが、NONMEMのデータセットは様々な臨床データベースから作られる。あるいは帳票からおこされる。データセット作成は手動というよりはソフトウェア内で行われる。

できたデータセットの確認をどうするかというと、だれかほかの人にデータセットをもう一度作成してもらい、両データセットの一致性をプログラムで確認する。SASだったらPROC COMPAREだ。

読み合わせをするという方法もある。だが、1万以上に及ぶ数字を読み合わせるというのはかなり時間を要する。たとえば私の手元にある、普通のPhase1試験のPKデータ。3試験を併合したNONMEMデータセットは、1671行あり、データアイテムとして10個。つまり16710個の数値がある。1つの数字の読み合わせ確認に、3秒つかうとして、読み合わせの純粋な時間として14時間かかる計算になる。PKPD解析した場合はさらに数字量は増える。

なので、これはあまり現実的ではない。読み合わせをやったことのある人ならわかるだろうが、読み合わせはあまりにも長時間、かつ単調な記録について実施すると正確さが下がる。読み合わせの大義名分からは決して言ってはいけないことだが(笑)。

NONMEMのデータセットのような単調な記録の確認作業が、高品質に行えるとは限らない。むしろ、こういう作業はコンピュータに任せたほうがいい。品質管理の基本は、複数の人間が確認することによってエラーが減らせるという意味なのだから、2名の人間がデータセットを独立に作成することによって、エラーを減らせるという点でダブルプログラミングには問題はない。

これを考えたときに、COMPAREする機能自体が信用できるかという問題がでてくるかもしれない。ソフトウェアを信じてよいのかという問題だ。

そもそも信用できないソフトウェアは使っていないはずだが、その比較機能について何らかの確認をしたいと思うことがあるかもしれない。私の場合、目視で同一であることがわかっているデータセット2つについてと、乱数を用いて発生させた大量の数値を含むデータセット2つについて、それぞれ機能確認をしている。そういう記録があれば、ユーザー側が責任を持つという姿勢がとれるからだ。

大量の数値を含むデータ、については25万行×31列までを確認している。これは私からしたら意味はないのだが、「100個の数値を間違いなく比較できても、101個めでは破たんするのではないか」ということを封じるためである。人間ならこういうエラーはあるが、通常、コンピュータのエラーはこういう出方はしないものだから、あまり意味がある作業ではないけど。また、このデータの中にランダムにエラーを入れたものについても試している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|