« この夏のセミナー | トップページ | 多忙なんじゃ »

昔は「悪性」

悪性貧血、なんていう怖い名前の疾患があるが、原因が判明して以来は別に悪性ではなくなった。

この病気はVB12、葉酸の欠乏によって赤血球の産生に必要なDNA合成が阻害されることによって生じる。赤血球は骨髄で増殖・分化のはてに、最後に脱核してから循環血中に姿を現すが、DNA合成がうまくいかないことによって細胞質の成熟の方が早くなり、結果的に血中の赤血球の大きさがやや大きくなる。

赤血球の平均容積をMCVと呼ぶが、この正常値はだいたい80-100 fLである。フェムトリットルなんて滅多に使わない単位だが、それゆえにMCVは覚えやすい。これが悪性貧血の場合、若干大きくなる。これは、大球性貧血と呼ばれる。

原疾患として、萎縮性胃炎のように壁細胞が損傷しているケースが多い。壁細胞は塩酸を分泌するほか、胃内因子というVB12と結合する糖タンパク質を分泌する。VB12は酸で破壊されやすいので、まず唾液中のハプトコリンと結合し、他の結合因子から奪う。そして胃内では胃内因子に置き換えられる。最終的に回腸終末部で胃内因子は分解され、VB12はそこで吸収される。胃内因子が吸収の限界を決めるので、わずか2 ugしか1日に吸収されない。

萎縮性胃炎では胃内因子への自己抗体が形成されており、この貧血をもたらしやすい。ほかには、胃全摘など胃が機能していない患者でみられる。

DNA合成がうまくいかなくなるという点からわかるように、悪性貧血は赤血球以外の白血球などにも影響は現れる。そのため、汎血球減少がみられ、VB12の発見までは致死的な疾患だったのだ。

それも今は昔、現在はVB12の注射などでその名称ほどの病気ではなくなった。

なお、貧血というと様々な疾患に起因しているのだが、ごくありふれているのは鉄欠乏性貧血であり、成人女性を中心によくみられる。こちらはヘモグロビンの合成がうまくいかなくなるため、赤血球の大きさが小さくなる。ヘモグロビンは赤血球の重量のおよそ30%ほどを占めるので、影響が如実にでるのだ。そのために、小球性貧血を示す。こちらは、鉄剤を投与することになる。

ただ、鉄欠乏性貧血となるころには、主に血清フェリチンが蓄えている鉄プールがほとんどなくなっている。プール量はおよそ1000 mgなので、貯蔵鉄レベルが十分に上がってくるのは時間を要する。

鉄はラジカル産生を促進するので、健康な人が鉄を過剰に供給されることはむしろ良くない。なので、サプリメントもあまり服用しすぎないほうがよい。肉食をしていれば、植物性の無機鉄ではなくてヘム鉄の状態で吸収できるので、吸収性が良くなっている。

金属の過剰摂取は日常生活では考えられないが、サプリについてはやや注意だろう。多くの金属は過剰摂取は有益ではない。軽金属である亜鉛はかなり安全であるが、摂り過ぎると銅やセレンの吸収を阻害する。そのため、亜鉛サプリには銅やセレンを一定の比率で含めるものだ。

|
|

« この夏のセミナー | トップページ | 多忙なんじゃ »

疾患研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440030/55301517

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は「悪性」:

« この夏のセミナー | トップページ | 多忙なんじゃ »