« アドバイスとまではいかないものの | トップページ | ミスった »

領域の拡大

私はもともと、糖尿病をはじめとするMetSの臨床薬理を専門にしようとしていたし、自分のアイデンティティとしてもそうだ。糖尿病用薬の研究は学生のときまで遡るし、会社に入ってもそういうプロジェクトを多く担当してきた。

しかし、ここ2-3年、そうでもなくなってきた。MetSあるいは内分泌疾患、CVというような関連領域だけではなく、骨関節領域も自分の範疇とせざるを得ない。これはまぁ、会社の重点領域でもあるので自然な流れなのだが、自分と関わりの深い研究者たちが、Oncologyだったり、CNSだったり、感染症だったり、免疫抑制剤だったり、MSだったりをやってるわけだ。

そしてもちろん、PMxとしてはこれらの領域に多くの貢献をしなければならないし。

学ぶことは多いなぁと思いながら、もう諦めて勉強している。今日は一日の半分、がん領域についての調査だった。具体的には乳がん。

先月までは骨髄毒性とNSCLCの勉強だったから、ややずれたかな。

そう考えると、OPって自分はよく知ってるんだなぁと感じることも多くなってきた。

|
|

« アドバイスとまではいかないものの | トップページ | ミスった »

疾患研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440030/46966209

この記事へのトラックバック一覧です: 領域の拡大:

« アドバイスとまではいかないものの | トップページ | ミスった »